上方落語舞台地図_空堀界隈中心版 完成!!

2018年2月24日(土)に開催、多くの来場者がありました第1回「空堀まちなみ寄席」。

そもそも歴史豊かな大坂の空堀界隈には、落語の舞台になっている場所がたくさんあるのですが、それを空堀で体験しよう!そしてまちなみに愛着や誇りを持とう!ということから寄席を始めました。

今回お話頂いた「東の旅 発端・煮売屋のくだり」は、安堂寺橋から出発する旅人の話。「崇徳院」では、高津宮やたくさんの床屋さん(笑)が出てきます。

そしてせっかくなので、それを現代のマップに落とし込んだのがこの「上方落語舞台地図_空堀中心版」(リンク先はPDF版)です。

落語のお供に、歴史散策に、大阪観光にぜひともご利用下さいませ。

かわら版40号アップしました!

2月に開催しました「空堀まちなみ寄席」の報告や「うえまちアカデミー」の詳細を掲載しています。 かわら版40号

かわら版39号アップしました!

かわら版39号アップしました!8月に柏原・篠山を訪れた、まちなみ見学ツアーの報告や、空堀のひとでの豊竹呂太夫インタビューです。是非ともご覧くださいませー。

日帰りまちなみ見学バスツアー ロマン城下町かいばら&丹波篠山ほろよい城下蔵見学




















奮ってご参加お待ちしております!

日時:8月26日(土)8時15分 消防署上町出張所東側集合
参加費:大人5000円 子供3000円
    (交通費・昼食代・見学料・ガイド代・試飲代・保険など込み)
定員:40名(先着順)
申込み:参加者氏名 参加人数 住所 電話&FAX番号 をFAX06-6764-4002へ連絡

空堀まちなみ井戸端会の活動が日経新聞に掲載!

空堀まちなみ井戸端会の活動を日経新聞で取り上げてもらいました!
空堀をテーマにシリーズ化するようです。
小さな取り組みかもしれませんが、空堀の文化や歴史、建物など、“空堀らしさ”を活かしていく活動をつづけていきたいと思います!
記事はこちら

かわら版38号アップしました。

まちなみ見学バスツアーin九度山&かしはらの河内ワイナリーの報告や、
空堀の記憶―地元人が語る超主観的な空堀歴史講座の紹介などですー。

38号

1/22(日)空堀かるた大会 参加者募集中!


















中央区の空堀地区のことをかるたにした「空堀かるた」で楽しく遊びましょう!

【日時】 平成29(2017)年1月22日(日)午後1時30分から3時(受付は午後1時から) 
【場所】 大阪市立中央会館 2階和室    
【対象】 小学生以上 どなたでも 
【定員】 20名(申込先着順)参加無料
【申込受付】 1月6日(金)午前10時から 島之内図書館にて来館または電話
【共催】 空堀まちなみ井戸端会・(一財)大阪市コミュニティ協会中央区支部協議会
【問い合わせ】 島之内図書館 電話06-6211-3645

第5回 空堀の記憶 ~地元人が語る、超主観的な空堀歴史講座 「空堀の女の子」~

古くからの歴史が残っていて、
またそれらが断絶することなく
継続されているまち・空堀。

本で読んだり、
学者さんに聞いたりするのではなく、
直接まちの方に、その人が経験した歴史を聞いていてみよう!
ということで企画をしました。

かしこまった歴史の話よりも、
生活に根差したエピソードを。
客観的・俯瞰的な概論よりも、
ゲストの主観的な思い出や記憶を。

歴史の本には書かれない、
個人の記憶からたどる空堀の歴史講座です。




第5回テーマ「空堀の女の子」

今回のテーマは女の子。
この空堀のまちで、女の子はどんな遊びをし、学び、
夢中になり、感じ、悩み、笑い、暮らしてきたのか。
地元の女性の方に戦後以降のまちでの思い出をお尋ねします。

*概ね月1回ペースでテーマを変えて数回実施予定です。
どうぞお楽しみに。

*最近空堀に引っ越して来た、もしくは最近興味もってる、空堀周辺で働いている、そんな人の参加、大歓迎です!

日 時:1月20日(金)19:00~21:00ごろ
参加費:1,000円(飲み物付)
会 場:鰹節丸与・丸与ホール(大阪市中央区谷町6-17-17)
    http://www.maru-yo.co.jp/ 
主 催:空堀まちなみ井戸端会
    http://karahori.blogspot.jp/ 

第3回 空堀の記憶 ~地元人が語る、超主観的な空堀歴史講座 「空堀商店街」~

「空堀の記憶〜地元人が語る、超主観的な空堀歴史講座」第3夜がいよいよ今週金曜日になりました!今日はその打ち合わせに行ってきました。
今回のテーマは「空堀商店街」です。戦後すぐに開業されたスズキ薬局の鈴木忠子さんがゲストです。鈴木さん、なんと93歳の現役薬剤師なんです。
打ち合わせ中、絶えず色んなお客さんが来ては「この体はもう病気のデパートや~」みたいな世間話をして帰る人がたくさんいました(笑)毎日だいたいこんな感じなんだとか。でも「いるものだけ買って終わり」というお店ではないところに、地域の人に愛されている「商店街のお店」という感じがとてもするなぁと思いました。当日もいろいろな昔話が聞けそうです。
あと、「お茶がないから、、、」といって代わりにチオビタドリンクが出てきました(笑)さすが薬局!



第3回テーマ「空堀の商店街の約100年」
ゲスト/鈴木忠子さん(鈴木薬局)*93歳の現役薬剤師
聞き手/梅山晃佑

*月1回ペースでテーマを変えて数回実施予定です。どうぞお楽しみに。

*最近空堀に引っ越して来た、もしくは最近興味もってる、空堀周辺で働いている、そんな人の参加をお待ちしています!

日 時:9月16日(金)19:00~21:00ごろ
参加費:1,000円(飲み物付)
会 場:鰹節丸与・丸与ホール(大阪市中央区谷町6-17-17)
    http://www.maru-yo.co.jp/
主 催:空堀まちなみ井戸端会
    http://karahori.blogspot.jp/

かわら版37号アップしました。

建物維持継承活用の相談受付開始!から、空堀と真田丸の話や新しく始まった聞き語りのイベント「空堀の記憶」紹介まで、盛沢山ですー。 37号